Skip to content

針のないポテンツァ(Non-invasive)ダイヤモンド、DDR、SFAの紹介

ポテンツァダイヤモンド、またの名をダイアモンドチップ!

ポテンツァは全部で14種類のチップ(針なしタイプ3種類、
針のあるマルチニードルタイプ8種類/針のある1pin–3種類)があり、多様に使用されています。

針のない(non-invasive)チップはリフトアップにも活用可能です!

針がないので「痛みなく」皮膚表面に接触するチップです。
肌に密着させて施術する方法で、高周波エネルギーをまんべんなく伝達します。

DIAMOND TIP

針のないポテンツァの代表であるダイアモンドチップです。
Monopolar+BipolarRF方式の出力が同時に行われ、様々な深さに刺激を与えます。
Monopolar方式の代表的なリフトアップ機器としては、インモードやポテンツァDDRがあり
サマジーやオリジオが、BipolarRF方式の代表的なリフトアップ機器です。
同時に受けるとよい点はなんですか?
コラーゲンと弾力繊維がより多く形成されるという研究結果があります!
そして、Monopolarを単独で受けるのに比べて痛くありません!
Play Video

DDR (Deep dermal heating)

DDRチップはたくさん聞いたことがあると思うのですが、こちらは「DEEP DERMAL HEATING」の略です。 DDRチップは、BipolarRFエネルギーで肌の真皮層に熱を均等に伝達します。 ​インモード(INMODE)のFormaモードと似たエネルギー方式です。 インモードFormaより、顔に触れるチップの面積が広いという違いがあります。

DDRチップは単独でも効果があり、ダイアモンドチップの効果をより高めることもできます。 当院では、DDRチップ施術後にダイヤモンドチップの施術をお勧めしております。

DDRの施術でまず肌の温度を上げると、インピーダンス(Impedence)値と 電流密度(Current density)の変化により熱伝導度(Heat conductivity)が上がります。 つまり、ダイヤモンドチップのエネルギー伝達効率が向上するということです。
ポテンツァDDRと、ダイヤSFAの比較動画を見てみましょう!
Play Video

SFAチップ (Superficial energy delivery)

最後に、SFAチップです。
DEEPとSUPERFICIALという名前から、 DDRとの違いが感じられますでしょうか?

SFAチップもBIPOLARRFエネルギーを放出しますが、
Superficialという名前の通り、3つのnon-invasiveチップの中で最も皮膚表面の層に作用します。

SFAは断面積を広くするために、
MTSのように表面がふっくらと構成されているため ドクタープチでは、
針のあるチップと針のないチップの中間である「HYBRID TIP」とも呼んでいます。

あまり痛くないので、ほとんどの方が麻酔クリームなしで施術を受けられています。
ご希望の強度によってはかさぶたができたり、2〜3日ほど赤みが生じる場合がございます。
韓国旅行中の方なら、旅行の日程のためにもダウンタイムが短いことが重要ですよね。

しっかりと翌日キラキラ輝く即効性で、ドクタープチ大人気の施術でございます!
ポテンツァの様々な施術の種類と原理をご紹介しましたが、 ドクタープチクリニックでは、様々な装備とスキンブースターを組み合わせた、いわゆる「複合施術」を通じて副作用を最小限に抑えながら、 効果を最大限発揮させるシナジー効果が得られるよう、カウンセリングを行っております。

美容旅行を計画中でしたら、ソウルのカンナムに来て直接カウンセリングを受けられることをお勧めします!

病院までの道のりや詳しいイベントの情報は、ホームページ又は
LINE @doctorpetit / Instagram @doctorpetit.gangnam / Twitter @doctorpetit_jp をご確認ください!
ご質問、
ご予約等は公式LINE@doctorpetitにて
お待ちしております。